電波社

  • HOME
  • 会社概要
  • お問い合わせ
ホーム > 書籍 > 単行本 > 超雷爆撃機「流星改」(2)国防圏を死守せよ!

超雷爆撃機「流星改」(2)国防圏を死守せよ!

発売日:2019年2月14日

原 俊雄

\1,026
(本体価格950円+税76円)

ポイント: 47 Pt

関連カテゴリ:
書籍
書籍 > 単行本

決戦発動機「誉」を整備した流星改が

エセックス級空母「レキシントンⅡ」に

決死の雷撃!

南太平洋海戦で宿敵「エンタープライズ」を撃沈した帝国海軍は、ついにガ島を占領。余勢を駆って陸海軍は、500機を超える米陸軍機が配備されるポートモレスビーの占領にも成功する。角田機動部隊が基地航空隊の弱点を巧みに突いて完勝をおさめたのだ。しかし1943年夏以降、空母増産に拍車を掛けた米海軍は、エセックス級大型空母とインディペンデンス級軽空母を続々と竣工させる。その数なんと12隻、艦載機の総数は752機に達した。迎え撃つ帝国海軍はミッドウェイ海戦で大破した「赤城」を装甲化、最新エンジン「誉」を搭載した雷爆撃機「流星改」も準備していた。両軍はマーシャル沖で激突し、再び空母戦が生起。高速化した流星改が怒涛のように米軍機動部隊へ襲い掛かる!

数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。