電波社

  • HOME
  • 会社概要
  • お問い合わせ
ホーム > 書籍 > 単行本 > 異戦関ヶ原(4)鎮西の闘神

異戦関ヶ原(4)鎮西の闘神

発売日:2019年7月12日

中里融司

\1,045
(本体価格950円+税95円)

ポイント: 47 Pt

関連カテゴリ:
書籍
書籍 > 単行本

三成を襲う最大の危機!

軍神 加藤清正、ついに起つ!

かつて、一時西海に退きながらも再度上方へ攻め上り、天下の形勢を一気に我がものとした足利尊氏―。その戦略を倣った石田三成は、100万石を有する本領筑前へと下り、九州最強の薩摩・島津との決戦に挑む。戦いの火ぶたは延岡城下で切られた。島津が得意とする釣り野伏せりに苦しみ、攻めあぐねる三成勢であったが、さらなる危機が…。戦の天才、肥後の虎・加藤清正が三成の博多城に襲いかかるべく、ついに出陣したのだ。立花宗茂の居城・柳川城、小早川秀包が守る久留米城へ大挙進軍を開始した清正…。その頃、畿内では大坂城に居座る徳川家康が近江を死守する大谷吉継を攻略しようと画策していたが、西国九州の地は、拡大する戦乱の一大決戦地となりつつあった!

数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。